本文へスキップ

医療器具、医療機器、細胞培養技術の輸出・インド医療ビジネスコンサルティング

コンサルティングサービスCONSULTING SERVICE

サービス    

インドについての講義
一般的な分野(生活、慣習等)から専門的な分野(病院、医療製品マーケット等)まで、ご希望に合わせた講義を行います。     
医療分野コンサルティング
コンサルティング契約に基づいたサービスを提供します。 
・市場調査
・製品登録 
・子会社、合弁会社設立準備 など        

詳細についてはお問い合わせください。

コンサルタント


アブラハム サミュエル


 医学博士
  トロント大学特別客員教授
  インド・タミルナド州立MGR医科大学客員教授
  日印再生医療センター理事
  メディアスホールディングス株式会社顧問
  山梨大学大学院 総合研究部 先端応用医学講座 非常勤講師/第2外科 研究員

心臓血管外科学の博士号取得のために日本に来て20年が経ちました。

現在は日本の技術を使った再生医療の研究所(日印再生医療センター)の運営に携わっています。研究所付属の貿易会社(日印バイオサイエンシス)では日本の医療器具や医療機器をインドに輸入しています。

医師としてのネットワークを生かし、インドの医療や健康及び治験等に関してインドに進出する企業の皆様に様々なアドバイスをすることができると考えております。


主な活動
  • Tirunelveli 医科大学(インド・ティルネルベリ)を卒業後、1996年に山梨医科大学(現山梨大学医学部)にて博士号を取得しました。 
  • Bioentrepreneur (nature.com)にブログを書いています。ネイチャーが研究の商業化に熱心な科学者を集めて開設しているブログ集です。
     → コンサルタントのブログからご覧ください
  • トロント大学(カナダ・トロント)と共同でTPRMトレーニングプログラムを監修しています。
     → NCRMをご覧ください
  • Acharya Nagarjuna大学(インド・グントゥール)再生医学分野博士課程の指導官を務めています。
  • Nichi-Asia Life Sciences SDN BHD(マレーシア・クアラルンプール)との技術提携を進め、マレーシア初のGMP幹細胞培養研究施設の設立・運営に関与しました。(2008年3月〜2012年4月)
  • VisionTec Sdn Bhd(マレーシア・クアラルンプール)の顧問として角膜バンク事業を進めています。
     → VisionTecをご覧ください
  • 複数の日本企業と顧問契約を結び、インドでのマーケティングについて情報収集やアドバイスを行っています。


所属学会:ISCT International Society for Celluar Therapy
     Asian Cell Therapy Organization
     ISSCR International Society for Stem Cell Research
     Japanese Thoracic Surgeons Association
特別研究員:Indian Association of Cardiothoracic Surgeons (IACTS)
      Indian Association of Biotechnology & Pharmacy

バナースペース

有限会社ジーエヌコーポレーション

〒400-0866
山梨県甲府市若松町3−8

TEL 055-235-7527
FAX 055-235-7569